当サイトについて

日本茶インストラクター協会熊本県支部「くまもとOCHA倶楽部」 

                                                                                                                          

 

 

日本茶インストラクター協会熊本県支部とは

 

 

 暮らしの中で日本茶をもっと身近に感じて親しんでもらいたいという趣旨で、1999年に日本茶業中央会により日本茶インストラクター制度がスタートしました。

 2000年に茶に係る知識と技術の試験が実施され、熊本県内では4名のインストラクターが誕生しました。

 

 2001年、インストラクター2期生の誕生と併せて、日本茶インストラクター友の会熊本県支部を設立、2002年に非営利活動法人法人日本茶インストラクター協会として内閣府に認定されたのを受けて、日本茶インストラクター協会熊本県支部として再スタートしました。

 


 また、2001年には日本茶アドバイザー1期生が誕生しています。

 2012年度、全国でインストラクター2727名、アドバイザー2393名が活躍しています。
 熊本県ではインストラクター43名、アドバイザー26名(2012年)が会員として活躍しています。

 


 現在多くの会員が会の目的である日本茶普及並びに日本茶文化の発展のために活動を行っています。


 また、資格を持たなくても県支部の活動に参加していただき、日本茶を楽しんでいただこうと、「くまもとOCHA倶楽部」会員制も設け、広く一般の方々へも普及の輪を広げようと活動中です。 

 

                                 日本茶インストラクター協会熊本県支部

                                         支部長 堀野裕一朗